2017.05.23 Tuesday

【銀の鈴 ものがたりの小径】作品募集!!

今回のテーマは「ゆめ」

 

児童文学の第一線で活躍する作家、評論家、編集者があなたの作品を添削し、子どもたちに響く良質な文章に仕上げるお手伝いをします。

さらに、画家も作品のために素敵な絵を描き添えてくれます。

 

応募パターンは2種類。原稿用紙5枚コースか10枚コースです。

応募締切は2017年8月末必着。

 

A5サイズ、上製、予価1,600円+税。

2018年3月に刊行予定です。

 

第一期編集委員

漆原智良、日野多香子、藤田のぼる(五十音順・敬称略)・銀の鈴社(西野真由美・柴崎俊子)

 

協力画家

有賀忍、篠崎三朗、高見八重子、中村景児、日向山寿十郎、牧野鈴子、山中桃子、渡辺あきお など(五十音順・敬称略)

 

詳細やお申し込みに関しては、銀の鈴社までお問い合わせください。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 10:35 | comments(0) | - |

2017.05.20 Saturday

渡辺あきお『びっくりたね』刊行記念原画展

日にち:2017年7月15日(土)〜7月30日(日)
時間:10:00〜17:00 *水曜定休
場所:銀の鈴ギャラリー
 

posted by: ginsuzu1 | 銀の鈴ギャラリー・サロン 今後の予定 | 10:10 | comments(0) | - |

2017.05.20 Saturday

日にち:2017年6月24日(土)〜7月4日(火)
時間:10:00〜17:00 *水曜定休
場所:銀の鈴ギャラリー
サハラ砂漠の砂から生まれたガラス作品など。仙台のKAIBA GLASS WORKSスタジオで制作しているガラス作家・村山耕二氏の作品は、モロッコ王国王室にも献上されました。煌めくガラス作品の数々を鎌倉で初めてご覧頂けます。

posted by: ginsuzu1 | 銀の鈴ギャラリー・サロン 今後の予定 | 10:09 | comments(0) | - |

2017.05.20 Saturday

鎌倉作務衣展
期間:2017年6月15日(木)〜6月20日(火)
時間:10:00〜17:00 
場所:銀の鈴ギャラリー

 

KOKOROMIさんが作務衣を中心としたアパレルなどを展示販売します。

父の日の贈り物にもご活用ください。

http://www.kkrm.jp

posted by: ginsuzu1 | - | 10:05 | comments(0) | - |

2017.05.20 Saturday

鈴木野草園即売会
期間:2017年6月1日(木)〜6月3日(土)
時間:10:00〜17:00
場所:銀の鈴ギャラリー

 

素敵な野草の即売会を実施します。

posted by: ginsuzu1 | 銀の鈴ギャラリー・サロン 今後の予定 | 10:01 | comments(0) | - |

2017.05.20 Saturday

第5回 阿見みどりと描く 野の花展
期間:2017年5月20日(土)〜5月28日(日)
時間:10:00〜17:00 *5月24日(水)は休廊
場所:銀の鈴ギャラリー
野の花画家・阿見みどりと描く野の花の世界。
スケッチツアーや教室でご一緒に描いてきた絵画や立体作品です。
風に揺れるさまざまな野の花たち。
一足早く、野の花に囲まれてみませんか。

posted by: ginsuzu1 | 銀の鈴ギャラリー・サロン 最新情報 | 09:59 | comments(0) | - |

2017.05.06 Saturday

Pondering Seeds of Hope
期間:2017年5月4日(木)〜5月9日(火)
時間:10:00〜17:00 初日のみ11時から
場所:銀の鈴ギャラリー
アクリル絵の具、オイルパステル、mixed mediaの作品展示。
Ula Shibazakiが季節の風、心の旅路を描きました。

 

8日(月)と9日(火)にはArt Workshopが15:00〜16:30にて開催されます。

予約制となっておりますので、ご希望の方は弊社までご連絡ください。

 

 

posted by: ginsuzu1 | 銀の鈴ギャラリー・サロン 最新情報 | 09:31 | comments(0) | - |

2017.05.01 Monday

めぐる季節ーときの流れの中でー

文・絵:栗原 明理 ISBN:978-4-86618-014-4 C0095

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 10:30 | comments(0) | - |

2017.04.16 Sunday

春 命みなぎる季節

しかし 無情な人の世は そこかしこ いのちの交換の知らせも行き交います。

 

こうして 今年もお花見が楽しめた と確かめ合うよろこびをかみしめております。

春の野の花展が近づいてきました。

案内はがきの準備など 大詰めにきています。会場に貼る挨拶状を仕上げました。

今年は 花友だちのご縁を一回り広げて呼びかけました。

思いがけない味わい深いコンセプトでの展開が実現することになり 主催者として大満足しております。

 

 

挨拶文

 

野の花展に寄せて

 

野の花に誘われて私たちは出会いました。

四季折々に雨風のなか 毎年同じ場所に姿を現す地球の妖精たち。

花が好き 描くのが好きと 隣り合って時間を共に過ごすなかで ふと気がつくと 

人それぞれの心の器にその姿は映し出されていました。

ある人は娘との ある人は大切な伴侶との 永訣の悲しみの底で 絵筆を走らせ 

彫刻刀をふるわせました。

周囲の方々への感謝の心で 人生の哀歓を自分らしく消化するヒントを 

私たちの作品を通して お伝えできればうれしいです。

 

ご来廊ありがとうございました                  2017.5.吉日

posted by: ginsuzu1 | 阿見みどりのブログ | 16:12 | comments(0) | - |

2017.04.13 Thursday

『哲学ルポ カントは今、ロシアに生きる』

共著:板尾 郁衣 L.A.カリニコフ ISBN:978-4-86618-006-9 C0010

 

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 11:05 | comments(0) | - |

全[136]ページ中[1]ページ目を表示しています


PAGE TOP