2019.06.11 Tuesday

私のライフワーク
半世紀を抱き続けできたテーマ
絵巻仕立ての 子どもにもわかる万葉集
いよいよ これからの4年計画 年 各一巻ずつの予定でのスタートライン
4500首余の和歌を全部通読 この作業に2ヶ月が過ぎる。
さまざまな主題の和歌、私の心に響いたうたをひろいながら テーマ別に番号で記録し 編集者の眼で 設計する。
この果てしない 高い 深い 富士山のような山に分け入る その入り口を探して。
分別された番号をテーマごとに並べて 全4巻の章立てができるまでが 大きな作業だった。

4月1日 新元号の発表
なんと 万葉集8巻の梅花の宴の序文から選ばれた 令和 の2文字。
私の選んだ中にしっかりはいっていたので この令和を巻頭にしよう
一歩踏み出すと うそのように トントンと全体の台割りがまとまった。

この秋 万葉ゆかりの妙本寺展で発表する予定の 第1巻上下の絵巻2本の制作に入る。
世界遺産になった細川和紙を 直接 紙漉き職人さんからまとめて取り寄せる。
失敗しても安心して描けるようにかなり多めに調達できた。

たまりたまった たくさんのスケッチを 25首の袋に振り分けて入れた 一冊のファイル。デスクの中心になる。
6月9日 25首のラフスケッチが形になる。
文字の練習と下絵の描き込み。
これからは ひたすらその精進に尽きる。

ひとくぎりして ホッとしたところへ
玄関のチャイム。鶴が岡八幡宮の方が 今夏のぼんぼり祭の和紙を持参してくださる。
まずは締め切りの早い順から。
時期に合わせて 万葉ものがたりの巻頭 「令和 」の場面を描こう。

心地よく水が流れはじめた そんな実感。

posted by: ginsuzu1 | 阿見みどりのブログ | 23:28 | comments(0) | - |

2019.05.28 Tuesday

『あかいくつ』

著者:こまざわ まさこ 画家:すえおか えみ ISBN:978-4-86618-073-1 C0093

 

5年生の春に母を亡くしたハルカは、その年のクリスマスに、父から母に託されたプレゼントを受け取る。

大人用の赤い靴には、娘の幸せを願う母の愛と祈りが込められていた。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 08:05 | comments(0) | - |

2019.05.16 Thursday

恒例の行事 春秋のスケッチ会 5月15日楽しい一日でした。天気に恵まれ 一年でいちばん華やかな世界がふところ広げて迎えてくれました。
つつじと夾竹桃 山吹草 チゴユリ 雪笹 舞鶴そうなどが群生全開 しのぶ草やキンランも。

posted by: ginsuzu1 | 阿見みどりのブログ | 05:11 | comments(0) | - |

2019.05.13 Monday

2019年5月11日(土)に阿見みどりスケッチ交流会が開催されました。

昨秋の原画展にお越しいただいた方々を優先的にご案内したところ、

キャンセル待ちとなり、好評でした。

posted by: ginsuzu1 | 銀の鈴社からのお知らせ | 14:04 | comments(0) | - |

2019.04.27 Saturday

『お日さまのようなおばあちゃん』

著者:篠山 孝子 画家:阿見 みどり ISBN:978-4-86618-050-2

 

花の季節に
家族と子どもの人間関係は、祖父母、父母、兄弟、姉妹の間でどんな会話がかわされているかによってきめられています。
子どもが「どうして?」と聞いてきたら、「まっすぐに答えるように」しましょう。
この「まっすぐに」にはおとなの子どもに対する祈りがあります。希望もあります。
それが子どもの心にしみこんでいきます。
そしてひろい立場で社会をみることができるようになるのです。
自然や花が人間に何をかたりかけているのか、耳を傾けてみましょう。
宇都宮大学名誉教授 齋藤健次郎

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 09:51 | comments(0) | - |

2019.04.25 Thursday

『扉をあけると。掘

著者:紙ひこうき 編著

ISBN:978-4-86618-055-7 C8093

 

紙ひこうきの『扉をあけると。』シリーズ第3弾!

個性の異なる6作品と、メンバー全員によるリレー作品を収載。

令和の大空へ飛び立った紙ひこうきが、童話の世界へ誘います。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 11:05 | comments(0) | - |

2019.04.23 Tuesday

『銀の鈴 ものがたりの小径 未来』

著者:アンソロジー ISBN:978-4-86618-070-0 C8093

 

2017年に発表、スタートした〈公募型〉短編童話アンソロジー。

「子どもたちに向けた文学性の高い作品を、年刊アンソロジーの形で広い読者に届けると共に、短編童話の質的向上をはかる」ことをめざして始まりました。

編集委員の厳しい目で選ばれ、添削された作品に、プロの画家によるオリジナルの絵が添えられました。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 13:05 | comments(0) | - |

2019.04.19 Friday

『ささぶねに のったよ』

詩・火星雅範 絵・西川律子

 

本書は遺稿詩集として、詩作初期の私家版、3冊からジュニアポエムシリーズとしての編集趣旨にもとづいてい選び、送り仮名等に若干の修正を食われたものがです。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 14:06 | comments(0) | - |

2019.04.15 Monday

『たたかうざーやくマン』

2019年4月15日(月)日本教育新聞の「子どもに読ませたい本」新刊案内にて紹介されました。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 08:46 | comments(0) | - |

2019.04.15 Monday

2019年4月13日(土)

11:00〜14:00

銀の鈴社にて「著者交流会」が開催されました。

今回は初めて、「新刊モニター」の方々にもご参加いただきました。

15名の方々が集まり、交流を深めていただきました。

終了後も参加者同士でお茶会を開催したようです。

 

posted by: ginsuzu1 | 銀の鈴社からのお知らせ | 08:43 | comments(0) | - |

全[152]ページ中[1]ページ目を表示しています


PAGE TOP