2017.06.16 Friday

『赤いながぐつ』

著者:柘植 愛子 画家:そねはら まさえ ISBN:978-4-86618-016-8 C8092

 

ジュニアポエムシリーズNo,268。

『はずかしがりやのコジュケイ』『たんぽぽ線路』に続く3冊目の詩集です。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 12:52 | comments(0) | - |

2017.06.09 Friday

『68歳の大学生日記ーカバンに本 胸にパッション 上がれまほろばー』著者:小林和夫

 

著者は私立学校の元理事長。退職目前で京都大学を受験し、見事合格。
68歳から現役大学生として活動。
情熱的・活動的な著者に母校から講演会の依頼があり、講話したが時間が足らなかった。
その後、「続きを聞きたい!」というリクエストが多かったため「続きは書籍」となり、ついに誕生!!

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 16:35 | comments(0) | - |

2017.06.05 Monday

『児童文芸2017年6・7月号』

著者:(社)日本児童文芸家協会 画家:田中風馬 ISBN:978-4-87786-287-9

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 09:40 | comments(0) | - |

2017.05.23 Tuesday

【銀の鈴 ものがたりの小径】作品募集!!

今回のテーマは「ゆめ」

 

児童文学の第一線で活躍する作家、評論家、編集者があなたの作品を添削し、子どもたちに響く良質な文章に仕上げるお手伝いをします。

さらに、画家も作品のために素敵な絵を描き添えてくれます。

 

応募パターンは2種類。原稿用紙5枚コースか10枚コースです。

応募締切は2017年8月末必着。

 

A5サイズ、上製、予価1,600円+税。

2018年3月に刊行予定です。

 

第一期編集委員

漆原智良、日野多香子、藤田のぼる(五十音順・敬称略)・銀の鈴社(西野真由美・柴崎俊子)

 

協力画家

有賀忍、篠崎三朗、高見八重子、中村景児、日向山寿十郎、牧野鈴子、山中桃子、渡辺あきお など(五十音順・敬称略)

 

詳細やお申し込みに関しては、銀の鈴社までお問い合わせください。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 10:35 | comments(0) | - |

2017.05.01 Monday

めぐる季節ーときの流れの中でー

文・絵:栗原 明理 ISBN:978-4-86618-014-4 C0095

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 10:30 | comments(0) | - |

2017.04.13 Thursday

『哲学ルポ カントは今、ロシアに生きる』

共著:板尾 郁衣 L.A.カリニコフ ISBN:978-4-86618-006-9 C0010

 

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 11:05 | comments(0) | - |

2017.04.07 Friday

『まぜごはん』内田麟太郎詩集 ジュニアポエムシリーズNo,237

 

大人気の『まぜごはん』が3回目のおかわりとなりました。

まだ召し上がっていない方は、ぜひご賞味ください!

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 11:35 | comments(0) | - |

2017.04.07 Friday

『あかはまが池の摩耶』

文・絵:つちの みえこ ISBN:978-4-86618-007-6 C8093

 

 

透き通るような白い肌。

どこか謎めいた大きく切れ長な目。

やや青味をおびた豊かな黒髪。

 

伝承民話。

ともすれば消えていきかねない民話を素朴な絵で伝えるよみきかせ絵本。

佐吉と摩耶のものがたり。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 09:23 | comments(0) | - |

2017.04.02 Sunday

『児童文芸2017年4・5月号 特集 胸キュン♡恋バナ』
著者:(社)日本児童文芸家協会 写真:田中風馬 ISBN:978-4-87786-286-2

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 13:54 | comments(0) | - |

2017.03.07 Tuesday

『てらこやものがたり〜鎌倉と子どもたち〜』

著者:NPO法人 鎌倉てらこや 画家:吉野晃希男 ISBN:978-4-86618-009-0 C8793

 

海があって、山があって、自然の生き物もたくさんいて、むかしむかしには、おさむらいさんがたくさん活躍した、伝統あるまち「鎌倉」。

そんな鎌倉に“子どもの居場所”をつくるため、「鎌倉てらこや」は誕生しました。

鎌倉てらこやでは、子どもたちと一緒に、たくさんの大学生のお兄さんやお姉さんたちが遊んでいます。

この絵本は、鎌倉てらこやで実際に起きている、いろいろなことをして遊ぶ子どもたちと、たくさんの大学生のお兄さんとお姉さんのものがたりです。

posted by: ginsuzu1 | ブックス(編集・出版) | 10:28 | comments(0) | - |

全[41]ページ中[1]ページ目を表示しています


PAGE TOP