2017.12.26 Tuesday

指折り数えてもうお正月

何十年も変わらぬこの感慨

歳を重ねての特典というのでしょうか、反省の心より、顔のほころぶ感謝の心があふれています。


今朝の神奈川新聞の照明灯

行きくれて木の下かげを宿とせば花や今宵のあるじならまし

平安時代の武将平忠度の詠歌 旅の途中で日が暮れて、桜の下を宿にしたら桜の花が主人としてもてなすだろう


風流な心って いつの時代もいいなぁ




posted by: ginsuzu1 | 阿見みどりのブログ | 08:50 | comments(0) | - |



PAGE TOP