2017.12.29 Friday

昨日、我が家で生まれた愛犬グーちゃんが16年半の命を閉じて、28日.名越の火葬場から兄弟のミックやクッキー、母のラッキー一家のもとに旅立ちました。

哀しみを抱いて、移転したばかりの銀の鈴社の佐助庵に立ち寄りました。

昨日お花の魔術師プリマベーラさんが、灯ろうの周りにスズランや黄水仙、クリスマスローズ、100両や10両の赤い実で、冬の風景に彩りを添えてくださいました。

花はそのままが 救い とあらためて感じたことでした。

これからは、花たちにグーちゃんとの楽しかった日々を重ねて、心の中にすみかを変えたラッキー一家が支えになってくれることでしょう。

グーちゃんの看病で、足が遠のいていたあいだに、見上げた山肌の緋寒桜は、早、4分咲きに空を染めていました。

涙は虹色に眩しく感じたことでした。

たくさんの幸せをありがとう。

posted by: ginsuzu1 | 阿見みどりのブログ | 05:03 | comments(0) | - |



PAGE TOP