2018.04.30 Monday

『敗戦後の日本を慈悲と勇気で支えた人ースリランカのジャヤワルダナ大統領ー』 本書は、スリランカの元大統領、ジャヤワルダナ氏が、敗戦後のサンフランシスコ講和条約の際、分割統治に反対し、また賠償金請求を放棄すると演説されたことを中心に伝えています。 小学校高学年、中学生くらいから読みやすいように書かれています。 著者は、お父様の代よりスリランカへの援助を続けておられます。 ジャヤワルダナ氏の慈悲と勇気に感銘を受け、情熱を持って長くスリランカを支援されておられる著者の渾身の書です。 ジャヤワルダナ氏の慈悲と勇気ある演説が、日本の戦後処理の流れを大きく変え、分割統治を免れることに繋がりました。 この事実を知り、またジャヤワルダナ氏の慈悲に基づいた生き方を知ることは、明日を担う子どもたちの糧となることでしょう。 恥ずかしながら、野口芳宣先生の原稿を拝読するまで、私はジャヤワルダナ氏のことを存じ上げませんでした。 子どもはもちろんですが、大人にもぜひ読んでいただきたいと思います。 サンフランシスコ講和条約の際の会議等については、当時の日本語訳は同時通訳でもありわかりにくかったので、骨子を理解することを主眼として意訳していただきました。 文字も大きめなので、読みやすいと思います。 銀の鈴社は、花や動物、子どもたちがすくすくと育つ平和な世界を願って日々活動しております。 ジャヤワルダナ氏の慈悲と勇気を知っていただくのは、戦争のない平和な世界のための一歩かと、ご紹介させていただきます。 代表取締役 西野真由美 -- ○。。○。。○花や動物、子どもたちがすくすく育つことを願って○。。○。。○ 株式会社 銀の鈴社   〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助1-10-22 Tel:0467-61-1930 Fax:0467-61-1931 メールアドレス info@ginsuzu.com ホームページ  http://www.ginsuzu.com 全国学校図書館協議会・学校図書館図書整備協会(SLBA)加盟出版社 ●社名の由来● 「真実一路の旅なれど、真実鈴ふり思い出す」(北原白秋「巡礼」より) 世の中の複雑な現象や状況のなか、目標と夢を見失わないように、迷いがある時は心 に鈴をふって初心を思い出し「真実なるもの」を見極めながら、前に進んで行こう・・・という願いを込めて。 ●銀の鈴社の定休日と営業時間のご案内● 定休日:毎週水曜・日曜・祝日(Faxとメールは受付可) 営業時間:10時〜17時 ○。。。○。。。○。。。○。。。○。。。○。。。○。。。○。。。○。。。○

posted by: ginsuzu1 | 西野真由美の社長ブログ | 05:53 | comments(0) | - |



PAGE TOP